北海学園大学写真部写真展

2005年10月25日(火)〜10月30日(日)
札幌市写真ライブラリー
(札幌市中央区北3条東3丁目)

秋の定例写真展から。
この年に何度か通った石狩での写真をまとめた。
ずっと飛ばし続けた反動からか、
テーマとかプリントとか色々と悩んでいた記憶がある。
以下キャプションより。


石狩湾新港を中心とした海岸地域はかつて工業地域として造成された土地であったが、
計画は頓挫し、釣りやドライブなどを楽しむ、
都市の「周縁」としての風景を呈している。

草原とコンクリートで隔絶されたこの地は一種の「アジール(権力から不可侵の領域)」なのかもしれない。

「中心」と「周縁」の関係。
今後も取り組んでいきたいテーマである。


石狩―「周縁」の風景
大四切判ゼラチンシルバープリント 全18点

001







002






003






004






005






006







007







009






010







011






012







013







014






016







017








018