(06.03.20)

写真を始めた高校時代のネガを焼き直していたのですが、セレクトされた作品は、
どれも被写体と一定の距離を持った、撮影者の意図がある程度働くものばかりでした。
プリントもできるだけ「普通」な感じにしてみました。
これも自分にとっては新鮮なことでした。
焼いている最中は、まるで他人のネガを焼いているようで、
それもプリントに反映されているような感じがします。
また、被写体への距離感は、今でこそある程度の意識はありますが、
当初から(それこそ人生1本目のモノクロネガから)その志向が一貫していたことは、自分としては発見でした。

最も自分の中で馴染みの深い「街」の風景を記憶するために、最も客観的あると考えられる「写真」というメディアで記録する、
これは、会場のキャプションに記したような、その根本的な問いへの回答の一部でしかありませんが、
この展示から今後の活動に反映されることは多いだろうと思います。
過去とは手法の差こそあれ、ある対象へ出来るだけフラットな出力ができればと思います。