「写真都市 -requiem- 2015 Sapporo」

Be PHaT!! 第12回作品展 夢Photo 2015

【日程】11月18日(水)~11月23日(月・祝)
【会場】札幌市民ギャラリー 2階第4展示室
【後援】札幌市 札幌市教育委員会 北海道新聞社 公益財団法人北海道文化財団


例年晩秋に行われる写真クラブBe PHaT!!の写真展に出展したもの。
昨年同様、この1年で撮った札幌の写真をまとめたものになっている。 
今年はサブタイトルを「requiem」として、
失われたもの、失われつつあるものへの鎮魂歌といったテーマでセレクトをした
(そのいずれにも属しないイメージもいくつかはあるが)。

街や社会は常に姿を変えていて、
いちいち振り返ったり、見送ったりしている場合では無いのかもしれないけど、
これから数十年後に見返したときに、
何かの「ひっかかり」になっていれば、
こうした写真を撮る意味があるのかなと。

外見的な街の姿だけではなくて、
個人的には社会そのものがますます悪くなっていて、
特に平和や自由が葬り去られているように感じているけど、
ただ絶望するだけではなくて、
こうして写真を撮ることで「後ろ向きに」未来に向かっていければなと思う。 


01
02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20